コラム

ロシアによるウクライナ侵攻と今後の世界

ロシアがウクライナへの軍事侵攻を開始してから3月6日で10日が経過しましたが、戦争は激しさを増しており、国際情勢を大きく揺さぶっています。プーチン大統領は3月3日にフランスのマクロン大統領と電話会談した際、「目的を達成するまでウクライナでの軍事作戦を続ける」ことを明言したと報じられています。戦争はそう簡単には終わりそうにありませんが、このロシアによるウクライナ軍事侵攻が、今後の国際秩序にどのような影響を与え、国際関係がどう動く可能性があるのか、今後の展開について考えてみたいと思います。
お知らせ

【終了】PHPグローバル・リスクウェビナー第5回「ウクライナ危機の帰結」 (無料ウェビナー)のご案内

政策シンクタンクPHP総研は、毎年末に発表している「PHPグローバル・リスク分析」レポートの分析内容をふまえて国際情勢を読み解くウェビナーを開催しています。
お知らせ

OSCMA主催 海外安全・危機管理「無料相談会」のご案内

NPO法人海外安全・危機管理の会(OSCMA)では、海外で事業を展開する日本の企業・団体の危機管理担当者様を対象に、下記の要領でオンライン形式による個別無料相談会を開催致します。
お知らせ

【終了】PHPグローバル・リスクウェビナー第4回「核協議再開とイラン・イスラエル対立」 (無料ウェビナー)のご案内

PHPグローバル・リスクウェビナー第4回目は、米国政治・経済を専門とし、商社シンクタンクの視点から米イラン関係を分析する丸紅株式会社執行役員・丸紅経済研究所長の今村卓氏と、イスラエルをめぐる情勢に通暁し、『世界を動かすイスラエル』の著者でもあるNHK前エルサレム支局長の澤畑剛氏をスピーカーに迎え、イラン核合意の行方と今後の中東情勢について米国、イラン、イスラエルの観点を踏まえて議論し、日本企業と政府が備えるべきリスクについて皆さまと共に考えます。モデレーターは、OSCMA代表理事でPHP総研特任フォローの菅原が務めます。
お知らせ

【終了】第27回外交安全保障月例セミナー(オンライン講座)のご案内

和田大樹様(オオコシセキュリティコンサルタンツ(OSC) アドバイザー/清和大学講師)をお招きして、「テロリズムの視点からみるアフガン情勢」というテーマでご講演いただきます。
お知らせ

【終了】PHPグローバル・リスクウェビナー 第3回「ハイブリッド戦争と日本のサイバーセキュリティ戦略」 (無料ウェビナー)のご案内

旧ソ連地域を専門とする国際政治学者で『ハイブリッド戦争-ロシアの新しい国家戦略』の著者でもある廣瀬陽子氏と、日本有数のサイバーセキュリティ専門家でPHP総研グローバル・リスク分析プロジェクトメンバーの名和利男氏をスピーカーに迎え、サイバー空間を取り込んで変わりゆく新しい戦争のあり方と日本を取り巻く安全保障環境について議論し、日本企業と政府がとるべきサイバーセキュリティ戦略について皆さまと共に考えます。
コラム

タリバンの“逆襲”が始まった!

9月7日にイスラム主義勢力タリバンは33人の閣僚からなる暫定政権の名簿を公表し、アフガニスタンの新政権をスタートさせました。8月15日にあれよあれよという間に首都カブールを制圧してから早一か月。いまだにタリバン新政権を正式に承認する国はありませんが、アフガニスタンをめぐる関係国間の駆け引きが激しさを増しています。本コラムでは、タリバンが発表した暫定政権の顔ぶれから、この新政権の性格、そして主要国に対するアプローチについて、現時点で予想されることをまとめてみました。
コラム

“ゴッドファーザー”は元国防大臣?③

シリーズ最終回となる今回は、メキシコにおける「シエンフエゴス将軍逮捕事件」の調査やその後さらに悪化する米墨関係が、「麻薬戦争」に与えた影響についてみていきたいと思います。
お知らせ

【日経ビジネス電子版】女性迫害、ひげ強要したタリバン支配再び、過去と何が違うのか?

日経ビジネス電子版に、当サイトの運営責任者である菅原出の記事が掲載されました。アフガニスタン全土を掌握したタリバンについて解説しています。
お知らせ

【メディア出演】ニッポン放送「飯田浩司のOK!Cozy up!」2021年8月19日

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(2021年8月19日放送)に、当サイトの運営責任者でNPO法人 海外安全・危機管理の会で代表理事を務める菅原出が、電話ゲストとして出演。最新のアフガニスタン情勢について解説・コメントしました。
タイトルとURLをコピーしました